薄花色の休み時間

美術館とか、本とか、映画とか。愛しているものたちについて。

米津玄師

三島由紀夫「潮騒」と米津玄師「海と山椒魚」が合う

三島由紀夫の「潮騒」を読みました。以下感想。 潮騒 (新潮文庫) 作者: 三島由紀夫 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2005/10 メディア: 文庫 購入: 6人 クリック: 90回 この商品を含むブログ (181件) を見る とにかく読んでいて、幸福な気持ちにさせられる…