薄花色の休み時間

美術館とか、本とか、映画とか。愛しているものたちについて。

小説

西加奈子「きりこについて」を読み終わったら「我輩は猫である」を読みたくなった

「楽しい読書したな〜!」っていうさっぱりした良い読後感が味わえた1冊。 きりこについて (角川文庫) 作者: 西加奈子 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング) 発売日: 2011/10/25 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (15件) を見る 今や…

児童文学「緑色の休み時間」とZONE「secret base 〜君がくれたもの〜」に思いを馳せる

小学生(中〜高学年)くらいの成長物語って、美しいよねという話。 緑色の休み時間―広太のイギリス旅行 (わくわくライブラリー) 作者: 三輪裕子,いせひでこ 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1988/04 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る イ…

窪美澄「アカガミ」を読んだら「茶色の朝」を思い出した

窪美澄「アカガミ」を読んだので思ったことを書く。 アカガミ 作者: 窪美澄 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2016/04/08 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る まずはじめに言いたいのは、 この小説を「少子化問題」や「若者の引きこもり」…

西加奈子「うつくしい人」を読み、そして「伊豆の踊子」へ

西加奈子「うつくしい人」を読みました。 うつくしい人 (幻冬舎文庫) 作者: 西加奈子 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2011/08/04 メディア: 文庫 クリック: 2回 この商品を含むブログ (2件) を見る 読むのは今回2回目で、1回目に読んだ時は「主人公の闇…

三島由紀夫「潮騒」と米津玄師「海と山椒魚」が合う

三島由紀夫の「潮騒」を読みました。以下感想。 潮騒 (新潮文庫) 作者: 三島由紀夫 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2005/10 メディア: 文庫 購入: 6人 クリック: 90回 この商品を含むブログ (181件) を見る とにかく読んでいて、幸福な気持ちにさせられる…