薄花色の休み時間

美術館とか、本とか、映画とか。愛しているものたちについて。

米津玄師の「百鬼夜行」を考える

最近米津玄師しか聴いてないので今日は「百鬼夜行」でいこうと思う。

YANKEE (通常盤)

YANKEE (通常盤)

 

 昔の米津玄師はなんだか棘があって、それがまた今とは違う良さがあるね。この曲は 我らは現代の妖怪だ! という歌詞の通り「現代の人間を妖怪に例えた歌」だ。とっても皮肉っぽくてそんでもって下ネタのオンパレードである。順番に見て行こう。

 

ちゃんちゃらおかしな出で立ちで また酒呑み呷れど日は暮れず

つまらん顔して街を行く ほら あれこれ言うては酔い散らす

いや どだいもどだいに面倒で おかしな飲ん兵衛だ 

 

ンボロ錦の更紗模様 その洒落たお顔には金魚の絵

腰やら股やら働かせ またお手軽欲望貪れば

今どこへも聞こえる声出した 「私さみしいの」

 

ここでの共通点は、二人とも理性を失い欲望のままに生きている状態であることだ。飲ん兵衛は昼間っから飲んでだらしなくクダを巻いている様子がわかるし、女もお手軽に男を誘ってその場限りの情事にさみしさを紛らわせている。

 

呼ばれて飛び出てこの世に参上 皆様よろしくどうぞ

楽しくなったり悲しくなったり 忙しのない日ばかりだ

帳を上げろや昼行灯ほら ここらでおひとつどうだ

我らは現代の妖怪だ!

 

「呼ばれて飛び出て」はハクション大魔王のイメージだろうか。この世に生を受けたことを皮肉たっぷりに歌い上げる。また「楽しくなったり悲しくなったり 忙しのない日ばかりだ」というのは人生そのものだ。

 

要は「望んでもないのにこの世に生まれ落ち、感情や欲望に振り回されている人生だ」ということなんだろう。そしてつづく「帳を上げろや昼行灯」はダブルミーニングになっている。

まず、帳とは「覆い隠すもの、垂れ布」という意味がある。そんで昼行灯とは「ぼんやりしてる人、役に立たない人」の意味だ。「ちょっとぼーっとしてないでその帳をとっぱらっちゃって!」といった感じだろうか。もう一つは「夜の帳が下りる」の反対語としての「帳を上げろ」である。夜の反対は・・・というわけで「昼」行灯。言葉遊びが楽しいね。

 

 では「帳に覆い隠されているものをとっぱらった」ら、何が出てくるのだろうか。そう、「妖怪」なのである。人間の皮を被っているけど、中身はみんな妖怪だ!!というわけだ。

 

頓珍漢なことばかり まだ信じている

狸の背中に火を灯せば ほう

あんあん ぱっぱらぱの行進 やってやれほら

バケツ叩いては声上げろや ほう

明るい夜の到来だ ようそろ

 

曲のタイトルにもなっている百鬼夜行してる部分。「ぱっぱらぱの行進」て中々ディスった言い方だな。

 ここで妖怪たちが信じている「頓珍漢なこと」とはなんだろうか。「自分たちが(理性を持った清く正しい)人間だということ」である。そして狸や狐は日本の昔話で他のもの(主に人)に化けることができるとされた動物である。その背中に火を灯せば(水被せば)・・・・「化けの皮が剥がれる=妖怪の姿が現れる」と言うわけで、さっきの「帳を上げろ」と同じことを指しているわけだ。

 

「ようそろ」は航海用語で船を直進させるときの掛け声らしい。百鬼夜行が行進していく様を指していると同時に、色々皮肉りつつもそれこそ人間の姿ださあいこうという肯定でもあるだろう。

 

みなみな欲望詰め込んだ そのペラペラ少女とニヤケ猿

お願い全てを投げ付けて また 一人で快楽部屋の隅

ほら 頭と目ばっか肥えて行き 青白い顔

 

雨降る夜には傘になり その体で誰かと雨宿り

お歌を歌えば人を騙し また誰彼構わず慰める

ほら盲信者増やして傘下に置いて 孤独で遊説を

 

基本的に2番は1番の歌詞に応える歌詞であえる。ペラペラ少女=二次元の女の子であろう。ここで描かれているのも基本的に1番と同じ「孤独を性欲で慰めている人間のすがた」である。

さらに1番では「オンボロ錦の更紗模様」といった着物姿を連想させる表現に対し「ペラペラ少女とニヤケ猿」といったパソコンや携帯の画面を思わせる表現が取られており、「過去」と「現在」といった時間の対比も感じられる。

 

生まれて初めてこの世に登場 続きは表でどうぞ

嬉しくなったり怒り狂ったり 忙しのない日ばかりだ

その手を下ろせや用心棒 ほら ここらでおひとつどうだ

我らは現代の妖怪だ!

 

嬉しくなったり怒り狂ったり」は、1番と合わせて喜怒哀楽である。

では「その手を下ろせや用心棒」はなんだろうか。用心棒とは、何かを守っている番人のことである。その用心棒に手を下ろせ、と言っているわけなのでここでは「妖怪の本性を隠して守っていないで見せろ」の意であろう。

 

どんでんひっくり返し行こうや スチャラカほいさ

狐の頭に水被せば ほう

あんあん ぱっぱらぱの行進 やってやれほら

薬缶鳴らしては声合わせや ほう 

明るい夜の到来だ ようそろ

 

1番ではバケツ、2番では薬缶。チンドン屋のようなイメージだろうかね。

 

こんな具合になったのは誰のお陰だろうか

こんな具合になったのは ああいまさらどうでも ええわ

 

これは下ネタ••••「具合がいい」って言うよね。

どうでもええわ、ってナチュラルに関西弁?徳島弁?が出てていいね。

 

そして最後のサビ。この歌の種明かしというか一番言いたい部分。

 

ちゃんちゃらおかしな世の中だ

その平和と愛とをうたえども

心にあるのはそれではない

また僕らにそれほど自由はない

ほら得意の炎で焼いてくれ

あなたの言う愛で

 

ここの「うたう」は「謳う」である。多くの人々が褒めたたえる、ある事を盛んに言いたてるの意味だ。平和や愛を盛んに言いたてて褒めそやすけれど、心にあるのはそれ(平和や愛)ではない。じゃあなんだ?そう「孤独」や「性欲」なのだ、というのがこの曲の結論だ。

 

人間・平和・愛

   ↕︎

妖怪・孤独・性欲

 

簡単に書くとこういう図式になる。

確かにここまで書かれてきた表現は、キラキラした平和や愛などではない。そして平和や愛だけを考えて行きていけるほど人間は強くないし自由ではない。

孤独や不安に苛まれたり、喜怒哀楽に振り回されたり、性欲も自分の欲望を一方的に詰め込んでしまうような自分勝手で不自由な生き物だ。

 

あなたの言う純粋な「愛の炎」とやらで、俺の言うことを焼いてみろよ(論破してみろよ)という挑戦的な最後でこの曲は終わる。

 

鬱屈とした内容だが、小気味いい。また時々はこう言う曲をかいてほしいよね。

おわる。

「それでも夜は明ける」とカフカ「変身」

 アカデミー作品賞も頷けた。 

それでも夜は明ける [Blu-ray]

それでも夜は明ける [Blu-ray]

 

実話が元になっているので「興味深い」という言い方はふさわしくないかもしれないが、単純な「黒人差別」ではなく本来「自由国民である黒人」が、ある日突然アメリカ北部から南部へ拉致され、奴隷にされるという「ねじれ」のある設定は中々ないのではないだろうか。

 

ある日突然、今までの当たり前の世界が一変する恐ろしさ。
12年という年月はあまりにも長い。

生まれながらの奴隷である他の黒人達とは違い「自由を知っている黒人」であるソロモンはどこか孤独だ。白人には物のように扱われ、黒人にも自分の身分を明かすことができない辛さ、不条理さ。

 

首を吊られたままなんとか足をつけて生き延びるシーンなどは長回しで、気の遠くなるような時間の一端を観ている側も感じ取ることができる。

 

不条理と言えば、フランツ・カフカの「変身」であろう。

 

変身 (新潮文庫)

変身 (新潮文庫)

 

 ある日突然醜悪な巨大な虫になって、愛する家族にすら忌み嫌われて死んでしまう。

 ユダヤ人であったカフカの生い立ちが不条理文学を生んだとも言われているから、この世で人間に最も絶望を与える不条理とは「人種差別」なのかもしれない。

 

ソロモンは最終的に奴隷から解放され北部に帰還することができたが、他の黒人、しかも自分を多少なりとも好いてくれていた女性を残していくシーンは後味の悪さが残るものであった(しかし首を吊られた時だれも助けに来なかったのだからおあいこかもしれない。)

 

結局ソロモンが善人だったかというと悪人ではないだろうが、英雄などではなくただ這いずり回って生き延びたという「正しい」人間の映画であった。

 

最後に言うなれば、人間は誰しも不条理を抱え生きていくものだが、そんな人生の場面に直面した時、部屋に閉じこもって自らを哀れんで死んでいくのか、

 這いつくばって生きようともがき苦しむのかは自分の問題だということだ。

 

 

「百円の恋」と八円の愛について

やっと観た。アマゾンプライムで。

この映画は「崖っぷち30代の青春賛歌」である。

百円の恋 [DVD]

百円の恋 [DVD]

 

歌もいいんだよ。クリープハイプ最高。 


クリープハイプ「百八円の恋」MUSIC VIDEO

 

「私、100円の女だから」

32歳、引きこもりニートのイチコ。妹が離婚して実家に帰ってきたことをきっかけに

家を追い出されるようにして一人暮らしを始める。

100円均一のコンビニでバイトを始めるが、イチコを雇ってくれるようなコンビニだけあり、勤務先の人間もクズばかりである。それにしても、

 

本当になんでこんなにクズしか出てこないんだろうか

と思うほど、兎に角この映画は登場人物がクズのオンパレードである。

イチコを酔わせてホテルに連れ込むおっさん、コンビニの廃棄を狙ったあげく強盗を働くおばさん、女の家に転がり込んだせに浮気して捨てる男、上から目線で何かにつけバイトをバカにしてくる社員。。。

いっそ清々しい。

 

「なんでボクシングやってんだよ」

そんな中で、自分を捨てた男に代わってボクシングを始めたイチコ。

「試合の後に、肩を叩きあったり、抱き合ったりそういうのがなんかいいと思った」と答える姿が染みる。彼女は孤独だ。

次第にボクシングにのめり込んでいくイチコ。

初めての一人暮らし、仕事、彼氏との別れの中でボクシングはストレスのはけ口にもなっていた。

 

一度だけでいいから勝ちたかった

イチコは変わり始める。

笑顔が増えたり、体が引き締まってきたり、髪の毛を結って顔を出したり。

次第に家族やボクシングジムの中に新しい居場所ができていく。

 

イチコの試合前のシーンは象徴的だ。

「青木ボクシングジム」の名前を背負い、ユニフォームには実家の弁当屋「さいとう亭」の文字。働いて居た「コンビニのBGM」を流し、初恋の相手が教えてくれた「ボクシング」の試合に臨む。

彼女の全て。

 

32歳で、実家は弁当屋で、コンビニバイトくらいしか出来なくて、男に捨てられて、そんな自分を丸ごと受け入れて、全てを引っさげて試合に臨む姿は美しい。

 

しかし結果はボロ負け。

イチコの遅れながらの青春はこれで終わったのであった。

 

百円の恋に八円の愛ってわかってるけど

結局イチコは何者かになるわけでもなく、クビになったコンビニの代わりに

実家の弁当屋を手伝う平々凡々周回遅れの人生なのだった。

 

周りから見たら見向きもしないような人生かもしれないけれど、

イチコの踏み出した一歩は大きいし、人生を変えた。

 

でも、人生は楽しいことだけでなく、痛みも伴う。

クリープハイプの「誰かを好きなることにも消費税がかかっていて」というのは

言い得て妙だ。

 

彼との幸せを知ることは、別れる時の辛さを知るのと同義で、

ひとつ何かができるようになることは、誰かに負けることの同義なのだ。

 

これから始まる毎日は映画になんかならなくても

 

これからイチコはどうなるのかな。

やっぱりあの男とよりを戻すんだろうかな。

 

これからのイチコの人生も、私の人生も映画になんかならないけど、

そうやって光と闇を抱えて生きてくんだろうな。

 

明日も頑張ろう。 

「鳥にでもなりたい」の、あなたとあたしの世界

米津玄師の「鳥にでもなりたい」の美しさについて。

MAD HEAD LOVE/ポッピンアパシー

MAD HEAD LOVE/ポッピンアパシー

 

 2013年の曲。アルバム曲ではないので、知らない人も多いのかもしれない。

 

Aメロ→Aダッシュメロ→Bメロ→サビ が2回繰り返されるシンプルな構成。

 

登場人物は「あたし」と「あなた」と「誰それ・誰彼」である。

 

あなたが愛してくれないなら あたしは生きてる意味なんてないわ

今更どこへもいけないなら きれいな鳥にでもなりたいわ

 

入りからなかなかヘヴィーな歌詞だ。

どうやら「あなたが愛してくれないなら自分は生きてる意味はない」とこの「あたし」は感じている。なぜなら「今更どこへもいけない」から。 

 事情はわからないが「今更あなたを愛する以外の人生は選べない」と主人公のあたしは考えているようだ。

 

ではなぜ「今更どこへもいけない」のだろうか。

歌詞はこう続く。

 

 誰それ大げさに吐く嘘には 易々耳なんか貸さないんだから

 

要は、この「あたし」、他の誰のことも信じちゃいないのである。だから「あなた」に愛される道しか自分が幸福になれる道がない。

その願いが叶わないのならせめて「誰それ・誰彼」に愛される「きれいな鳥にでもなりたいわ」と嘯く。

米津玄師お得意の不協和音が「あたし」のおかしさを端的に説明している。

 

しかしBメロで変化が訪れる。起承転結の「転」の部分である。

 

だけど今日は寂しいが募る日になって 悲しいで満ちる夜になって

(略)あたしあなたこと愛してる

 

いろいろ言っても結局「あたし」は孤独なのである。

大前提として「あたし」は「あなた」に愛されて居ないということは明確である。満たされていたらそもそも「きれいな鳥にでもなりたいわ」なんて思わないのだから。

でも今更「誰それ・誰彼」を信じることはできない。

だからやっぱり「あたしあなたのこと愛してる!!!」に行き着いてしまうのだ。

 

ねえねえねえ連れてって!連れてって連れてって!

 

というわけで、「あなた」に全力疾走するサビ。ちょっと可愛ささえ感じてしまうのは私だけだろうか。

 

短い歌詞の中でサビに行き着くまでの「あたし」の思考の動きを丁寧に表現しているからこそ、このサビが活きてくるわけで、舌を巻くしかない。

 

そんなわけで、1番も2番も基本的には同じことしか言ってないのだが、2番の歌詞で1箇所付け加えて置くのであればこの歌詞だ。

 

あたしはあたしでいたいの、あたしあなたのこと愛してる

 

これはこの歌詞のタイトルにもなっている「鳥にでもなりたい」に対する回答である。

「あなたに愛されなかったら鳥になりたいな」と言って居たのに「鳥にはなりません!」というのが「あたし」の答えなのだ。

やはり「あなた」に愛されるしかないのである。

 

 

最後に、サビの歌詞の話。

 

あなたの生まれたあの街の中 あなたを育てたあの部屋の中

 

本来であれば「あなたの生まれたあの部屋の中」「あなたを育てたあの街の中」の方が言葉の意味としては通るはずだ。

しかし、歌詞の意味合いとしては「あなたの何もかもが知りたい」なのだから、あえて正方形の対角線を結ぶように、広がりを持たせたのだろう。

 

音楽は続く。

 

 

夜を越えて(『木洩れ日に泳ぐ魚』を読んで)

恩田陸の「木洩れ日に泳ぐ魚」を読んだ。

木洩れ日に泳ぐ魚 (文春文庫)

木洩れ日に泳ぐ魚 (文春文庫)

 

 

恩田陸といったら「夜のピクニック」が有名だよね。

(というよりそれ以外読んだことがない)

夜のピクニック」は高校の「歩行祭」という夜通し歩き続ける行事を通して、主人公が一つの思いを行動に移す話だが、「木洩れ日に泳ぐ魚」も、ある兄妹が一晩意見を交わして一つの結論を出す話である。

 

一緒に夜を明かす、ということは、確かに特別なことかもしれない。

小学校のキャンプ、中学の部活の合宿、高校の修学旅行、大学の卒業旅行。

 

夜のピクニック」は二人の「始まり」の話とすれば「木漏れ日に泳ぐ魚」は二人の「終わり」の話と言えるだろう。

 

すでに愛情は無くなって居て、お互いを憎んで離れたくて仕方がないのに

「運命」と信じているから別れられない二人。

日の出とともに別れがやってくるけれど、大切な一晩を共有したという事実が

二人だけの秘密となり、心のどこかでお互いをつなぐ。

 

 

コペルニクスの呼吸が本棚に眠っていた

本棚を整理していたら中村明日美子の「コペルニクスの呼吸」を見つけた。

新装版コペルニクスの呼吸1

新装版コペルニクスの呼吸1

 
新装版コペルニクスの呼吸2

新装版コペルニクスの呼吸2

 

初期の中村明日美子の絵は不安定で妖しくて美しい。

今の絵柄ももちろん好きだけど、この頃の表現はまたマニエリスムの彫刻を

思わせるような特別なものがある。

 

コペルニクスの呼吸」は物語の構成も美しい。

舞台は1970年代のフランス・パリ。名前を亡くしたクラウンの物語。

主人公の心と状況の変化とともに

名前と見た目が変わるというわかりやすい構図になっている。

 

物語を大きく時系列に起こすと以下のようになるだろう。

【過去】ミシェル(少年時代。弟が死ぬ前)

↓ 弟の事故死

【起】トリノス(クラウンとして働く)

↓ ミナの事故後、サーカスを離れる

【承】タケオ(オオナギに囲われる。髪はバッサリ切られる)

↓ オオナギの元を離れることを決意 

【転】タケオ(髪は伸び、もう一人のミシェルと暮らす)

↓ 団長との再会。物語全体の種明かし部分

【結】ミシェル(自分を取り戻しサーカスに戻る。団長を継ぐ)

 

こうやって捉えるだけでもだいぶ読みやすい話になると思う。

( 物語は「トリノス」としての主人公から始まるので、漫画はそこからの起承転結の構成である。)

 

『美しい』弟がブランコ乗りの途中で事故死したことによって、同時にミシェル自身もブランコ乗りとして死んでしまう。怖くて飛べなくなってしまった為だ。物語から推察するに15歳の頃だと思われる。

「自分のせいで死んでしまったのではないか」という罪悪感から、次第に弟こそが「ミシェル(天使)」だと妄執するようになる。

★弟の死をきっかけに、ブランコ乗りとしての自分と本当の名を失う

かくして名を亡くしてしまった(というより捨ててしまった)彼は「トリノス」という名でクラウンとして生計を立てている。18歳の頃。「ブランコ乗りとして本当に死んだのは自分だ」という気持ちと「弟はコペルニクスの星座になった」という思いが、弟の幽霊の姿で現れている。

★「ブランコ乗りとして復活する」ことが「名の回復」となるという構図

しかし、ミナの事故によって過去のトラウマに耐えられなくなり、サーカスを離れオオナギの元に身を寄せることとなる。それは即ち「ミシェル」を取り戻すことを諦め「タケオ」という名で生きるということだ。同時に弟の幽霊は出てこなくなる。

その後のレオとの交流によって次第に「サーカスに戻らなければ一生『ミシェル』には戻れない」ことを再確認する。

★一度は名の回復を諦め逃げ出すも、「ミシェル」と「ブランコ乗り」を諦めきれないタケオ

ここから3年後に移る。大体21歳の頃。オオナギの屋敷を飛び出したものの、サーカスも時代の煽りを受けて彼は雇ってもらえない。なのでやむなく「タケオ」を名乗り続けている、という状況。「トリノス」にすらなれない八方塞がりのところでココの弟のミシェルと再開する。

★「同じ名の『ミシェル』と恋仲になる」ことで「代替的に名を回復しようとする」タケオ

タケオは「ミシェル」と繋がることで一時的な安心感を得る。

 ↓

それでもやはり、サーカスを諦めきれないタケオは、夜な夜なサーカスを見にいってしまう。そこで過去の団長と再開する。

現実とは「弟はただの事故死でミシェル(天使)になどなって居ない」

★「弟の死を正しく受け止めること」で「名を回復する」

「僕というミシェルは必要ないんだね」 というもう一人のミシェルの言葉。つらい。

 

「飛べるようになったんだね」といっているがその後ミシェルが ブランコ乗りとして復活したわけではない。

まぁ、6年のブランクはやはり取り返しがつかなかったのだろうか。

 

ただそれはもはや大きな問題ではない。

「だってもう僕は怖くて飛べなかった」という過去のトラウマを払拭し、ミシェルという名を取り戻した以上「ミシェルから遠くなる」こともないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

あ〜〜〜〜、フランス、行きたいな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 

私たちは誰もセーラームーンになれない②

前回の記事の続き。

 

yamakiharuna.hatenablog.com

 

私たちは誰もセーラームーンになれない。

今度はセーラー戦士たちの話しをしたいと思う。

 

セーラームーンには共に戦う同じセーラー戦士たちがいる。

中でもメインメンバーは「セーラーマーズ」「セーラーマーキュリー」「セーラージュピター」「セーラーヴィーナス」の4人である。

彼女らもまた、普段は火野レイ水野亜美木野まこと愛野美奈子、という

ごくフツーの女の子として生きながら、ある地点までは「非日常」としてセーラー戦士を引き受けている。

 

しかし、セーラームーンの仲間として戦ううちに、彼女らも「セーラー戦士」としての自我に目覚めて行くのであるが、

はっきりとした境界線がなく、段階的にセーラームーンとして目覚めて行く「月野うさぎ」と違い、彼女らは明確な通過儀礼を通してセーラー戦士としての自我を引き継いでいる点に特徴がある。

 

その理由は、4人にはもともと「現世の自分」としての将来の夢があった為である。

 

火野レイは「おじいちゃんの神社を継ぎたい。」

水野亜美は「母のような医者になりたい。」

木野まことは「幸せな結婚をして、花屋とケーキ屋をやりたい。」

愛野美奈子は「アイドルになりたい。」

 

このように彼女らは、少なくともセーラー戦士になるまでは、

それぞれ「現世の自分」として将来のため

必死に勉強したり、お料理をしたり、巫女として働いたりと努力していた。

 

これは月野うさぎが、特段夢もなく努力もせず「およめさんになりた〜い」と妄想していたのとは対照的である。

 逆に言えば「今の人生に執着がないため、セーラームーンとしての役割を抵抗なく受け入れることができた」とも言えるかもしれない。

 

ある話で、敵は「それが本当にお前のやりたいことなのか?セーラムーンのせいで自分の夢から遠ざかって居ないか?」とセーラー戦士を誘惑する。

セーラー戦士たちの心は揺らぐ。

これは「現世の自分(日常)」として生きるのか「前世の自分(非日常)」として生きるのか選べということだ。

 

構図は前回も例に挙げた、おジャ魔女どれみの最終回に似ている。どれみ達は「現世の自分」を選んだと言えるだろう。同じく、神風怪盗ジャンヌの中でも前世ジャンヌの恋人が現れるが、現世の「まろん」として「稚空」を彼として選んでいる。

非日常ではなく日常を選ぶのが物語の王道であり正解とも言えるのかもしれない。

 

しかし、セーラー戦士の4人は一度は揺らぐも

「私の『本当の』夢はセーラー戦士としてセーラームーンとこの星を守ること!!」と自分の意思で、はっきりと非日常を選択しているのだ。

 

漫画が少女に伝えるメッセージとして、これは正しかったのだろうかと考えると

間違っていたのではないかと思わざるを得ない。

なぜか。

 一番は、非日常を良しすることは現実を否定することだからだ。

火野レイ水野亜美木野まこと愛野美奈子が、現実に向き合い、努力し、家族や友達を大切にしていた姿勢を結果的に否定し、

極端に言えば日常を生きている読者全員を否定していることになるからだ。

 

二つ目は、非日常であれ選択した以上はそれが日常になってしまうことだ。

最終話は、すべての敵との戦いが終わり結婚式の風景で終わる。お互いを「まもちゃん」「うさ」と呼んでいるところは、敵が去り日常が戻ってきた証と言える。

しかしそれはもう、お父さんやお母さん、弟のいる「日常」ではない。

 

「私たちは誰もセーラームーンになれない」が

「私たちは誰もセーラームーンになれなくて良かった」と、私はそう思う。

 

でも非日常に終わりがないからこそ、ずっと憧れていられる存在なのかもしれない。